« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

太郎の夜泣き寿司

太郎の夜泣き寿司
太郎の夜泣き寿司
チベットチベット寿司イベント、
「太郎の夜泣き寿司」のお知らせです。


4月10日(金)深夜(だいたい23時すぎ頃)〜


寿司職人の小松太郎さんがご自身の仕事終わりで駆け付け、
チベットチベットが仕入れてる富山県の氷見港から直送される超新鮮な天然地魚をネタに握ります。


乞うご期待!


写真は、昨日太郎さんがチベチベまかない用に、お店で余った食材を持って来てくれました。
大トロ、初カツオ、エビ、サーモン、牡蛎…どうだ、うらやましいだろ!参ったか!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

待望のニューエイジ・ダンスイベント開催

待望のニューエイジ・ダンスイベント開催
お待ちかね、sumiちゃんプロデュースのベリーダンスイベント「LIFE is LOVE vol.2」が決まりました!


2009.4.22(水)

開場/18:00

\3,500(フリーフーズ+1ドリンク)

チケット予約⇒lifeislove.sumi@gmail.com
もしくはTIBET TIBET
03-5433-1565まで。

【DANCER】
・TIARE APETAHI(タヒチアンダンスチーム)

・sumi(ニューエイジ・フュージョンスタイルベリーダンス)


【special guest】
・高野こうじ(創作書家/書き下ろしライヴパフォーマンス)

・タカダアキコ(ベリー&エキゾチックダンス)


これは必見です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美肌効果抜群津軽擦下生林檎炭酸酒

美肌効果抜群津軽擦下生林檎炭酸酒
何やら漢字がいっぱいのタイトルっスが、書き出したら、面白くなってしまい、つい…


要するに、「すりおろし生りんごサワー」の事です。


津軽りんごをすりおろし、生レモンとハチミツで味を整えました。


これ、スゲエうまいです。りんごとレモンがたっぷり入ってビタミンCもたっぷり!な超自然派な健康酒。


ぜひ、最初の乾杯でどうぞ。


あ、お酒飲めない方、焼酎抜きでジュースにもなりますぜ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

新品ドア♪

新品ドア♪
無事に取り替え工事が終了いたしました。


15万円!


何度も連呼して申し訳ない。が!15万!


みなさん、ドアは優しく扱いましょうね…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

TIBET TIBETドア破損取替え募金

TIBET TIBETドア破損取替え募金
TIBET TIBETドア破損取替え募金
あの〜、チベットチベットの入り口ドアが去年の暮れくらいから、ギイギイとてもうるさかったんです。


何だろ何だろってその都度、油を注していたんですが、治らず…


ついに先日、外れてしまうという大ハプニングに見舞われてしまいました。


掛かり付けの工務店に見積もりを頼んだところ、15万円だって!!!!


何でもこのドア、既製品とは違い、回りの枠からすでに特注で、職人が1日かけて作らなきゃいけないそうだ。

明日、というか今日の朝9時から職人さんが来て作業をしてくださります。


朝9時に俺が起きて来れる訳がない!って事で今から店泊(てんぱく:業界用語で店に泊まること)準備。


酔って、帰れなくなって店泊してたのとは、訳が違います。


あしからず。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イワシの酢漬け→百姓と漁師のちらし風

イワシの酢漬け→百姓と漁師のちらし風
イワシの酢漬け→百姓と漁師のちらし風
イワシの酢漬け→百姓と漁師のちらし風
①イワシは3枚におろして、腹骨は取って、塩水で洗って、ペーパーで水気を切っておきます。


②ボールに酢たっぷり、砂糖、塩、生姜、醤油をちょこっと入れます。煎りゴマも入れます。


③①に隠し包丁を入れながら切っていきます。切った身はそのままボールに入れていきます。
ラップをかけて冷蔵庫へ。


④30分ほどで小骨ごと食べられる状態になります。

保存は、酢漬けの状態のままタッパーに移して1週間ほど美味しく召しあがれます。


銀シャリにお浸しや錦糸たまご、昨日、お父さんが残した余った刺身をわさび醤油にくぐらせ、盛り付ければ、あっという間に野菜たっぷり刺身漬け丼「百姓と漁師のちらし風」の出来上がり。


レッツトライ!主婦!

(面倒か…歖)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

団体予約受付中

団体予約受付中
団体予約受付中
団体予約受付中
送歓迎会のこの時期、今日は2組、合計70名様の、団体予約がありました。


舎弟のイケダの会社の送歓迎会もありまして、イケダ君には日頃、お世話になっております、と、おべっか(死語)を使い、イケダを立ててやりました。


明日も10名様、その他ご予約を頂いております。


なんでも融通ききます。
今日も3階のロータスカフェと合同での貸し切りでした。


結婚式、結婚式2次会、アコースティックライヴ、お笑いライヴ、落語、ベリーダンス、舞踏、詩の朗読、写真展…過去にやった経験あります。


DJブース、プロジェクター、完備!


ご予約お待ちしております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カラス参加カラス募集

カラス参加カラス募集
ボスカラスとアニキカラス。


着いて来れる奴ぁ、着いて来い!押忍!


カラス五ヶ条。


ひとつ!剥(む)き出しで生きろ!


ひとつ!本音で生きろ!


ひとつ!本気で生きろ!


ひとつ!死ぬまで生きろ!


ひとつ!さっさと生きろ!


だ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

長良川料理教室キャッシー理香ぼうの「お料理がんばるぞっ!」

長良川料理教室キャッシー理香ぼうの「お料理がんばるぞっ!」
最近、これと言って特別なネタがないので、まかない特集やります。


(実はこれが1番反響があったりして)


今週1週間は、昨日の長崎編に引き続き、「九州グルリ一人旅」 (ドクロべえの声で)
を予定してます。(未定)


今日のまかないは
「下北チキン南蛮丼キャベツどっさり」です。


宮崎名物チキン南蛮の本来の作り方なんて知りません。


だいたいのイメージで、時間がない主婦になった気分でいきました。


①甘酢を作ります。

手鍋に水、砂糖、酢、醤油をバランスよく入れ、煮切ります。


②衣を作ります。
小麦粉に塩を少々と溶き卵を混ぜます。


③汽車に乗って宮崎県の日向地鶏を買いに行きます。(嘘)

その鶏モモ肉に軽く塩コショウをして、「美味しくな〜れっ」って言いながら軽くポンっと叩きます。


③を②にくぐらせ、180度の油で揚げ、揚がったら、①の甘酢にくぐらせます。


④お肉だけだと栄養バランスが悪いので、冷蔵庫に残っているキャベツの千切りやレタス、カイワレなど、これでもかというくらいご飯の上に乗せて、その上に揚がったチキン南蛮を乗せて、タルタルソースをかけて出来上がり。


本当はここでタルタルソースも手作りでいきたいところですが、時間が来たので、レシピは次回にします。


それじゃあな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

荒ジュンの「まかないあげないよ」

荒ジュンの「まかないあげないよ」
「北沢風トルコライス」。


どうだ、参ったか。


長崎で1度も食べた記憶はないけれど、これを食べているあいだ、何故か懐かしいご幼少の記憶は蘇りました…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ひと手間その②

ひと手間その②
「イワシのピリ辛梅ニンニク煮」と「大根の生姜煮」。


これは今日のまかないですが、本日のメニューと先付けです。


だいたい味の想像がつきますよね。


いつもの煮物にひと手間かけると食べ飽きしないですよ。


これは簡単でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆富の仕込みの合間に

豆富の仕込みの合間に
昨日、久しぶりにライヴハウスで演奏する機会があり、その興奮もようやく取り戻しました。


今日はえらく天気がよく、最近にしては暖かい。


チベットチベットの入り口に、ちょっとした日溜まりができていたので、仕事前にリラックス。


昨日の感触、もう少し味わいます…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

気持ちの高ぶり

気持ちの高ぶり
久しぶりにライヴハウスのステージに立った。


この高ぶった興奮した気持ちのまま、チベットチベットで働くぅ?

ちょっと、古巣ロータスカフェでクールダウン。


ウオーッ!


ビール飲んだら、ますますヒートアップしちまったぜー!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

アコースティックギター引き叫び集団「カラス」最高!

アコースティックギター引き叫び集団「カラス」最高!
アコースティックギター引き叫び集団「カラス」最高!
怒涛の如く、ライヴは終わった。


アラフォー集団の、毎日の心に秘めた思いの丈を、十分に発揮できた。


ステージ上総勢11人の引き叫びだった。


ギターを持ち、気持ち高ぶりステージに上がる感触…


そうだ、まだまだ俺は終わっちゃいない!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の香

春の香
チベットチベットの田んぼがある流山の農園から届いた野菜に、菜花と紅菜苔(こうさいたい)が入ってました。


そうだよな。もう3月も真ん中。春なんだな。待ち遠しいハルヤスミ。


本日入荷

紅菜苔、菜花、パクチー、小松菜、水菜、ターサイ、春菊、三つ葉、カブ、サニーレタス、長ネギ、下仁田ネギ、大根、あちさんのお婆ちゃんが漬けたタクアン、キャベツ、ホウレン草、サラダホウレン草。


今から新宿クラブドクターで引き叫び集団「カラス」のライヴ演りに行ってきます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マンマミーヤ理香ぼうの「Ciao!スイーツがんばるぞっ!」

マンマミーヤ理香ぼうの「Ciao!スイーツがんばるぞっ!」
新しくスイーツ加わりました。


「焼きリンゴのドライフルーツ詰めアイスクリーム添え」


①洗ったリンゴの芯をペティナイフやスプーンなどでくりぬき、皮めに、竹串やフォークなどを使って軽く刺して穴をあけておきます。(焼くときにはじけて破れないようにするため)


②ボールに、レーズンやドライストロベリーをきざみ、グラニュー糖とシナモンをまぜます。


③②をくりぬいたリンゴに詰めて、その上にバターを乗せて、250度のオーブンで30分焼き上げます。


焼いている途中の、甘い香りが、わたくしのご幼少のおりに、長崎くんちで姫りんご食べたのを思い出しました…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

GET THE GLORY

GET THE GLORY
GET THE GLORY
GET THE GLORY
♪栄光をつかめー!
Oi! Oi! Oi!
Get! Get! Get the groly! ♪


の名曲「GET THE GROLY」で名をはせたパンクバンド、ラフィンノーズのギタリストだった「ナオキ」さんが久しぶりに来てくれました。


ラフィンノーズは1985年にデビューし、日本のインディーズ御三家のひとつで、当時高校1年だった俺はかじりつくように聴きまくっていた。


その頃の流行っていたロックは、ハードロックやヘビメタなどの音楽的にも難しすぎて、とうてい俺たち高校生レベルでは演奏できない曲ばかりだった。


ラフィンノーズ!


これは、わかりやすく、カッコよく、キャッチーでハードだ!


しかも簡単!
(ナオキさん、すんません)


これなら出来る!


って訳でずいぶんコピーしましたね。


実はナオキさんとの出会いは13年前、チベットチベットの古巣、俺たちがまだ三軒茶屋でバーを営っている時に知り合った。


ナオキさんが経営するバーが、はす向かいにあったのだ。


そりゃあ、すぐ友達にもなるわな。


ラフィンノーズ、コブラなどを経て、今は「SA」という超パンクバンドをやっている。


40代3人、30代1人のオヤジパンク。


ナオキさん、見てろよ、!俺も負けねぇぜ!

今週末はボス和気アニキのプロデュースする、アコギ引き叫び軍団「カラス」のライヴだ!


39歳、俺。このまま、終わる訳にはいかねぇぜ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大事な友

大事な友
大事な友
大事な友
そいつは7年ぶりに下北沢に来た。


出会いは俺が23歳、当時活動していたバンド「JACK KNIFE」で大阪にライヴツアーに行ってた時、あいつはまだ高校生。


俺たちは、大阪万博記念公園でストリートライヴを済ませ、その余力でフリーマーケットにも参加した。


怖いもの知らずの年齢だ。その時に、俺たちに歩み寄ってきたのがアイツだった。


何年か経ち、俺が働くロータスカフェにアイツが来た。


アイツもバンドで成り上がりを目指して上京して来た。


アイツも心意気がよく、一応メジャーデビューを果たせた。


そこからが試練。


やはり、挫折を味わい、アイツは地元大阪へ帰ってしまった。


それから7年。


ボスが大阪へ行くたび、連絡をしてきていた。


久しぶりの再開。


延々と、JACK KNIFEの武勇伝をカウンターの常連さんに語っておりました…


ありがとう、友よ…智彦よ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またもや

またもや
千歳船橋のチャリンコ集積所だ。


バスに乗って20分、バス停降りてさらに10分。


保管料3000円!(何がいやかってこのクソ高さが馬鹿げてる)


俺はいったいこのボロチャリに幾ら使っているのだろう…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ありがとう、サンキューフェアー

2月の第2週から始まったサンキューフェアーも昨日をもって終了しました。


フェアー中に来ていただいた方々、本当にありがとうございました。


普段、飲まない酒を価格を気にせず試せるこの機会に、あらたな出会いがありましたでしょうか。


今日、ご来店くださったお客さまの中に、母親と同伴された方がいらっしゃいました。


そのお客さまの地元の山口県から母親が上京し、チベットチベットに連れて来てくれたようです。


お母さんが俺に、「こん酒はね、うちの隣近所の酒蔵やけんね。おいしかとよ。お兄さんも飲んで。ほらほら…(続く)…」


俺の地元、九州弁にそっくりで、世話焼きの俺のお袋を思い出して、つい、接客が俺も九州弁で受け答えしておりました…。


お袋、元気かな…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新人入荷

新人入荷
今日から新しくバイトが入りました。


静香ちゃん、私に非常に歳が近いアラフォー、美人妻。


おてんば(古っ)でおっちょこちょい(死語)、しかしながら、気立てが非常によく、存在感のある女性です。


ひとつよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アニキ、おめでとう

アニキ、おめでとう
アニキ、おめでとう
アニキ、おめでとう
常連さんの誕生日を祝いました。


俺より一回り+10歳も違うアニキです。(要するに61歳)


日頃、お世話になっている方なので、
チベットチベットのバックバーに鎮座した仏様にキャンドルを灯し、スティービーワンダーの「HappyBirthday」の曲を流し、ケーキふうーまで盛大にお祝いしました。


ご誕生日祝いのご用命はチベットチベットまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

390円フェアー「うまか焼酎、んめ〜なや日本酒」リベンジ

390円フェアー「うまか焼酎、んめ〜なや日本酒」リベンジ
390円フェアー「うまか焼酎、んめ〜なや日本酒」リベンジ
390円フェアー「うまか焼酎、んめ〜なや日本酒」リベンジ
はいっ、と言う訳で毎日でも書きますよ!


焼酎と日本酒。


ある意味、チベットチベットが一番力を注いだジャンルです。


写真は本日の刺身盛り合わせ。今が旬のサヨリと、ヒラマサ、スミイカ。


もうひとつは「氷見イワシのつみれ、ピリ辛鍋」。


酒の話に戻すと、ボスがバイクで日本全国の酒蔵を巡り、蔵元とのパイプを作った。


時おり俺もボスと同行して鹿児島の焼酎蔵や栃木の日本酒蔵に行った事もある。


俺たち飲食店は酒は買ってきて売るだけだ。

さすがに酒は作れない。


しかし、お客さんと最前線で接して、間近にお客さんの意見を聞ける立場だ。


蔵元の想いをお客さんに伝え、逆にお客さんの意見を伝えるなら行ってくるしかない。


これがチベットチベットの基本的なコンセプト。


俺たちチベットチベットは、もう、出どころの分からない商品は売れません。


と、まあこういった俺たちの想いが、いっぱい詰まった今回の焼酎日本酒フェアー。


是非とも、ご堪能あれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

焼酎日本酒390円フェアー リターンズ

焼酎日本酒390円フェアー リターンズ
390円フェアー第4段

「焼酎46種類日本酒15種類」リターンズ。


今日から始まりました。

3/3(火)〜3/8(日)までです。

通常、900円や1000円クラスのものも全てこの価格です!

いろいろ試せる390円。


普段、敬遠しがちな日本酒も乾杯から締めまで、わたくし、荒川淳一郎がエスコート致します。

また、下北一の焼酎ソムリエ、ジュンイチロウ荒川がお湯割り、黒ヂョカ割りなどもレコメンド致します。


3/8(日)までやってます、よろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旗
長崎弁で「凧(タコ)」のことを「ハタ」と呼びます。


要するに「凧上げ」は「ハタ上げ」って呼びます。

で、ハタ違いなんだけど「旗」。


サンキューフェアー「生ビール」の時に、チベットチベットの1階部分におろしている旗にアレンジしました。

布切れにペイントマーカーでね。

来週からはサンキューフェアー「焼酎日本酒」リターンズ、やります。よろしく!


って訳で、中学時代の体育大会で応援合戦やった時のクラスの旗を手作りしたのを思い出しました。

俺、団長やってたっけ。


俺のクラスが負けて、一生懸命頑張ったチアガールの女の子たちが泣いていたのを思い出したっちゃったりして。

そういえば、高校のときも団長やって、そんときは、プレスリーの格好でやって優勝したっけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

弥生

短く、つらい2月も終わり、今日から明るい弥生が始まる。


今日も15名様の団体予約を控え、心機一転、頑張りまっしゅ!


関係ないけど、高円寺のガード下に「やよひ」という、朝5時から午前中の11時までやっている小料理屋があります。


うちのお袋と同世代の女将の作る料理は、どこの誰にも真似の出来ない味と優しさで溢れています。


煮詰まったら、よく、通ってます…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »