« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

下北怪談

下北怪談
下北怪談
暑い夜に涼しい話…


桜金造さんによるホラートークショーも無事に終わりました。


共に今日金造さんとは別に出演していただいた鶴山欣也さんも最高の舞踏でした。


クオリティー高いイベントだったと常連さんからもお誉めの言葉をちょうだいしました。


この両方にはまた別の機会に出演してもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ同窓会7/29

プチ同窓会7/29
母校長崎北高の主席であり、アメリカ方面から帰国した子女(!?)のためにプチ同窓会を開きました。


こういう時には必ずいつも幹事役の農林水産省橋本、頑張ってます。(頑張りすぎた結果この写真!?)


世話かけるな…ありがとう。


今回はいつも集まっている出来損ないグループとは違うホントに20年以上ぶりに再開した連中が半分で、特に意味あるプチ同窓会ができたと思う。


主席本村、ありがとうな。


やはり、集まってくれた同級生はみんな宝だよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農民人生

農民人生
農民人生
今日はわたくし、久しぶりの休みで、農民カフェの内装工のお手伝い…


って休んでないやん!!


こんなん作ってました。


いやいや、これが意外に息抜きになるのだよ…


墓に入る時が、俺の休息です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下北怪談7/30

下北怪談7/30
う〜らめ〜しや〜

…はいっ、と言うわけで裏通りにあるうまい飯屋の裏飯屋(うらめしや)チベットチベットのイベントのお知らせです!


(↑下手なジョークに戸惑いながら寒くなっている君たち…そこが狙いなんだよ…ほら、涼しいでしょ?わっかるかな?わかんねぇだろうなぁ…)←古すぎ!


では本題。7/30(木)チベットチベット夏の納涼イベント!!「下北怪談」やります。


タレントの桜金造さんによるホラートークショ−です。


共演にはチベットチベットでもおなじみの舞踏家の鶴山欣也さんが舞ってくれます。


かなり期待出来ますよっっ!!


●7/30(木)

●18時オープン

●19時〜桜金造コンビによるホラートークショー

●19時40分〜鶴山欣也ユニットによる神秘的幻想の舞踏

●20時20分〜第2部、桜金造さんによるホラートークショー


●入場料2000円+オーダー


もちろん食事もあります。


席のご用意の関係上、ご返事または参加希望のコメントあれば嬉しいですね。


ご来店お待ちしておりまっす。


あっ!地方からの参加組、わかるでしょ?


待ってますよぉ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくらの時代

ぼくらの時代
今日(7/21)はチベットチベットとしての営業は休みで、貸し切りでフジテレビの日曜日朝7時からの30分番組「ぼくらの時代」の収録をチベットチベットで行いました。


毎回3人のゲストが入れ替わる定評高いトーク番組です。


今回は、(と言うか俺自身番組を見たことはない)みうらじゅんさん、リリィフランキーさん、アルフィー高見沢さんという組み合わせで、やはりみうらじゅんさんいいすね。


チベットチベットに入って来るなり、仏陀に一礼。


さすが仏像マニア。やること言うことが切れ味がある。


みうらさんに関しては、こちらからイベント等を通して一度ぜひ来てもらいたかった人だったから、まさか向こうから来てくれるとは、非常に嬉しかったすね。


さて、今日はエルマーに雑用をお願いして、俺は3人が召し上がる料理を収録時間のぴったり20時30分に揃えて出さねばならぬ大仕事があった。


お昼の12時に店に入り、掃除、買い物、仕込み、試作…全部ひとりでやりました。


その中のひとつ、「ベビーコーンの三陸ホタテ巻き」を紹介します。


流山産レインボーファミリー農園のベビーコーンを皮ごと8〜10分塩茹でして、そのまま茹でた塩湯のまま冷まします。


穂先のほうを切り、さらに縦半分に切ります。


ホタテは刺身で食べられるものを用意し(今回のは、はかいだぁさんが送ってくれた三陸ホタテ)、貝柱と肝を外して、ヒモは掃除します。


貝柱を横半分に切って鹿目に浅く隠し包丁を入れます。


貝柱をベビーコーンに巻き、さらにヒモでその上からぐるぐる巻き付け、楊枝で裏からとめます。


濃口醤油3、酒3、ミリン2の割合のタレにさっとくぐらせ、表面を焼きます。


同じく、肝もタレにくぐらせ両面を焼きます。


貝柱の表面に焼き目がつく頃に裏側は楊枝があるため反せないため上からバーナーで焼きつけます。


(楊枝でとめないと、ヒモがくるくる縮んでしまいます)


生で食べられるホタテなので、あまり火を通しすぎないようにプリっと焼きます。


あれば、木の芽のみじん切りか大葉のみじん切りを散らし、カンズリ(新潟の柚子こしょう)を添えます。


今日は、こんな感じでベビーコーンを提供しましたが、普段は、サラダやナシゴレンのトッピングなどにも使っています。


しかし、やりがいあって、ゲストのみなさんにおいしいのお言葉をいただきました。


これこそ、「慈悲」です。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ふっと一息

ふっと一息
長かった1日、と言うか3連休が終わり(この時点ではまだ営業中)、ふっと一息、小休止。


昨日今日は13時からランチを始めて朝までの営業は、頑丈な俺でもさすがに応えた。


明日は休みだ!ゆっくり休もう…って訳にもいかないのだ。


その理由は…


明日書く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日

誕生日
常連さんの誕生日を祝った。


人は死ぬまでにたいがいたったの何十回足らずの誕生日を迎えて死ぬ。


そのうち、果たして何回の誕生日が印象に残るのだろう…


浅はかなものだ。


時々思う。


田んぼやり始めて7年目。


言わば、まだ7回しか田んぼの経験がない。

それを専業にやっている農家の人たちだって田植えは1年に1回の一大イベント。


一生のうち、せいぜい50回くらいだよね。


そう考えると、非常に少ない体験だ…


特に無農薬で育ててる所など去年は豊作だったけど今年は不作だ…去年は何が良くて今年は何が原因なんだろう…来年はこうやってみよう…などと試行錯誤している間に一生を終えてしまう…


人間ってそういう生き物なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命がけで生きている

命がけで生きている
チベットチベットの深夜のナマステタイム。

キャンドルサービスに加え、スペイシーでエキゾチックなミュージックがかかる。


農民カフェ、ロータスカフェ、チベットチベット…


みんな命がけで生きている。


手抜きはない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

三ヒゲマゲ精進の道

三ヒゲマゲ精進の道
店の事やりたい事やらなければいけない事が山積みである。


やばい。


このままではやばい。


忙しい毎日を追われ、掲げている目的地にたどり着けない…


今日は普段キッチンを任せているキョウスケが休みなので、俺がキッチンに入る日だ。


昨日、一昨日で冷蔵庫の中の仕込みものが空っぽの状態。


ついに、今日、営業が終わるまでにやりたい事の半分もできなかった…


夕方6時からの営業で、昼の2時に店に入っても仕込みが間に合わない。


異常な事態だ。


なんか今日キッチンの中でふと思った。


俺の人生もまた、こうやって、やりたい事の半分もできないまま終わって行くのかな…


数多くの人々はこう思いながら人生を遂げて行くのかな…って、ふと思った。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

送別会

チベットチベットで8年間キッチンを勤めあげたりかぼうをチベットチベットで送別した。


と言っても辞めて行く訳ではない。


新店舗「農民カフェ」でまたキッチンをやるのだ。


新しい門出を祝うこの会に数多くの常連さんが集まった。

なかには先日沼津に転勤になった常連さんまで駆けつけた。


しっかし、みんな、飲む呑む…


チベチベの常連はホントによく呑む…


りかぼう、長い間お疲れ様でした。


これから、ワールドワイドコネクションの縮図とも言える新店舗「農民カフェ」の「舌」としてがんばってください。


俺たちチベットチベットスタッフも負けません。から。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

肉を切らせて骨を断つ

三チョンマゲヒゲの奮闘が続いております。

理想型は三人ともが、キッチン、ホール、仕込み、ナイトタイム、それぞれをこなせるようになる事。


まあ、俺はいずれも無難にこなせるにしても、新人二人はとりあえず任されたポジションをまっとうするのに精一杯。


焦ってはいけない。


今は汗る時だ…


なんちって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻想的ナマステタイム

幻想的ナマステタイム
幻想的ナマステタイム
幻想的ナマステタイム
幻想的ナマステタイム
幻想的ナマステタイム
食事ラッシュの時間帯が過ぎ、夜も深まる丑三つ時。


いつしかBGMもハイセンスなロックミュージックから、スペイシーでトランスファーなサウンドにスライドし、さらに、店内の照明をおとし、キャンドルの灯かり灯りが数々の仏像を照らし上げ、幻想的な空間になるのです。


「復活」。もしくは「リベンジ」なるナマステタイム。


入り口階段からかなり、いい感じス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都議選の不在者投票に行って来た。


このご時世、政治はよく解りません、じゃ済まされなくなってきている。


選挙に参加しない人は政治に対してとやかく言える資格はない。


「政治家なんて…」っていう前に選挙行こうよ…


いやね、今日お客さんとの話なかで政治家どうこうの話になって、その人は選挙など行かないと言うから、そりゃおかしいんじゃないって言ったまでの事なんだけどね。


| | コメント (2)



まだまだ三チョンマゲヒゲのユニット名を募集しております…。


新生チベットチベットとして新メニューを作りたいのだが、なかなかそこに到達出来ない…。


現場に慣れてない二人を指導しながら、己も今までずいぶん手慣れでやってたな…と反省。


「教える」と言うことは逆に自分に対する「確認」と同じことだ。


新鮮な気持ちで働き出した二人の意識を高めつつ、俺もまた再スタートするつもりでやり直そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日は珍しく店では一滴も呑まずに帰って来た。


たいがい、お客様が「一杯どうぞ」って流れになる。


自宅に帰る途中、「たまには贅沢に瓶ビールでも買って行こ」って思って2本買って帰った。


自宅に着いて栓抜きが無い事に気が付いた。

まあ、アウトドアな俺はあんまりたじろかず、100円ライターをテコの原理で力づくで開けた。


2本目も、一生懸命、半ば強引に、開けた。

「苦労して飲む瓶ビールはまた格段にうまいな…」などと思ってふと引き出し開けたら栓抜きがあった・・・・・歖


こんな事、よくあるよね晚・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新生チベットチベットスタート

新生チベットチベットスタート
新生チベットチベットスタート
新生チベットチベットスタート
新生チベットチベットスタート
新店舗も着々と工場が進み、民家からだんだん店舗らしくなって来た。


新店舗のメニューのほうも、ボスとりかぼうとで着々と進んでいる様子。

チベットチベットで9年間キッチンを勤めあげたりかぼうの栄転?である。


チベットチベットで培った経験の粋(すい)をきかして欲しい所だ。

こうなってはチベットチベットとしても負けては居られない。


これまでのりかぼうの繊細な料理から、無骨な男の土の香りプンプンのメニューに推移していく予定です。
例えば、無農薬キャベツがドーンと…


これまた粋(いき)な野郎3人が集まった訳で。


しかも3人とも「ヒゲ」、「ロンゲ」、「チョンマゲ」・・・。


むうぅっ!武士道ではないか!


下北三人組、ならぬ下北新撰組!?


この三人組のユニット名を募集しております。


スクラム組んでガッチリ突き進むビーチボーイズ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

窓拭き

窓拭き
窓拭き
凄い。


俺って何でも出来る…

休日を使って表側の窓拭きをやりました。


専用の、5mくらいジョイントした長ーいブラシとハシゴを使ってピッカピカの完璧に拭き上げました。


これで、ランチやってる時に来たらもう気持ちイイって。


土日祝は12時より営業しております。


なお、平日の「昼チベ」はお茶会、習い事、講習会など、スペース貸しもいたしておりますのでお気軽にご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »