« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

年の瀬

年の瀬
2009年、充実した年だった。


来年はさらに加速してそしてさらによい年になりますように。


我々の会社に関わった全ての方々に、感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛する長崎

愛する長崎
長崎でも先見の明を持つ有名な洋菓子屋「メルヘン」の「サバ菓子」


もちろん食べてサバの味などしない。


長崎名所「サバくさらかし岩」のふもとで20数年洋菓子屋を営む、俺の先輩の作品だ。


おいしいケーキ。

当たり前に当たり前のクオリティーに加え、斬新で飽きのこないオリジナリティーを確率している。


紙っきれ1枚の契約書を信じて生きていくのもまた、人生。


惑わされず生きていくのもまた人生。


愛も平和もセパレートした上で必要な事。


愛も平和もがあればこそ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

犠牲

ひとは誰かひとりを守ろうとすると、誰かひとりが犠牲になっている事を忘れてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曼陀羅盛り

曼陀羅盛り
曼陀羅盛り
今日、私が作った作品「氷見メダイとヤーコンのカルパッチョ曼陀羅盛り」。


自分で言うのもなんだが、ため息が出るほど見た目にも味にも惚れ惚れする作品です。


バタバタとオーダーが立て込んでいようと、キョウスケが横でフライパン振ってようと、息を止め、盛り箸の先端にまで神経を集中し創作します。


盛り付けにレシピはない。


毎回、が創作である。

要は、俺は、決まった盛り付けが嫌いだ。

毎回、変える。


お客様も飽きるし第一、俺が飽きる。


毎日毎回新しい盛り付けを考えている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ヒマラヤ盛り

ヒマラヤ盛り
チベットチベットの名物、「ヒマラヤ盛り」、「曼陀羅盛り」。


試作進めてます。


ヒンズー焼き、ストゥーパ盛り、座禅仕立て、苦行揚げ、極楽浄土サラダなどなど…


来年のチベチベは、見逃せない、ぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イヴ

イヴ
写真は見ての通りカキ鍋である。


チベットチベットで言う「チベチベ漁民ちゃんこ(三陸真カキと有機栽培白菜の無農薬味噌使用の葛とろみ仕立て)」だ。


こんなにどっさりカキが入ってて、あり得なあい、だけれどもあり得るう!


すいません、ちょっと旬のネタを…


カキは岩手県の大船渡より直送の真カキです。


白菜は岐阜県高山市の奥飛騨霜降り白菜。
水分たっぷりで引き締まったシャキシャキの歯ごたえだ。


味噌は、チベットチベットで作っている豆富の無農薬大豆で作られた宮城県の登米産のものを使っている。


とろみ付けは片栗粉では無く、もちろん吉野葛(くず)を使っています。


どうです!?


食べてみたくなったでしょう!?


今日はイヴ。


シャンパンとカキで決まりでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日の達人

誕生日の達人
お誕生日を迎えるにはチベットチベットで。

独り者も二人者も三人者もチベットチベットでお誕生日を迎えたらこんなに楽しい事はないってくらい弾けられます。


お誕生日のご用命はベテランチベチベ荒ジュンにお任せあれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再会

再会
20年ぶりにちんぐ(マブダチ)に会った。


久しぶりに腹を抱えて笑った。


よっぽど普段本気で笑う事がなくなったんだなあ。


高校時代に組んでいたバンドの同窓会ってところだ。


みんなあの頃と変わらない「目」をしている。


そんなちんぐを持てて俺は本当に幸せだと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ツナギ販売

ツナギ販売
チベットチベットの制服であるツナギの販売を始めました。


以前、販売した時も爆発的に売れました。


地方発送応相談。


ご自宅で独りチベットを楽しめますよ。(なんのこっちゃ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイゴ②

ダイゴ②
新人のダイゴことダイゴ郎の改造計画も着々と進み、あとは女の子をつけるだけ。


おいっ!なんで俺、半分切れてんだよ!!


今日、いっしょに髪の毛切りに行きました。

俺のハタチん頃の息子!?って説も浮上。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ダイゴ

ダイゴ
誕生日を迎えハタチになった新人ダイゴ。


俺とキョウスケから包丁をプレゼントした。

来年からはキッチン調理場に入れる予定だ。

ダイゴ郎、立派に育つのじゃぞ!ちゃんっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会

忘年会
写真はブロッコリーとカブのヨーグルトミントソースがけ。とある日の忘年会のコースメニュー。

12月に入り忘年会の予約が増えました。今日も団体を含め店内は忘年会ムード一色だ。


いつも思うが、特に予約までして来てくれたお客様は何か意味があって前もって予約をしてくださる。


誕生日、記念日など、チベットチベットをわざわざ選んでくれた何らかの理由があるのだ。


飛び込みのお客様もご予約いただいたお客様もカウンター常連さんも皆、全身全霊で接客したい。してあげたい。


期待以上の満足感で帰っていただきたい。


毎日、そう思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

和気優andカラスライヴ

和気優andカラスライヴ
年末12月27日(日)、チベットチベットにての和気優弾き叫びライヴに加えて、その日和気優ライヴ後にカラスライヴも決まりました!

叫び納め、厄落としも兼ねて(?)全員参加だ!!


12月27日(日)

19時オープン

20時スタート

前売り、予約1500円

当日2000円


とにかくご予約を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンゴのように

リンゴのように
農民カフェからチベットチベットへ、農園から届いた野菜を運んでいる途中、チャリンコの荷台から積んでいた野菜の入ったダンボールがバランスを崩し転げ落ちた。


リンゴが道路を横切って転がった。


しっかり結びつけていたヒモが切れてまさかの荷崩れ…


張りつめたものが切れると一気にバランスを失い崩れ落ちる。


今が正念場。


たぶん愛は人を変え、

きっと愛は人を美しくし、


たぶん愛は終わらない、


きっと愛は人を救い、

たぶん愛こそが全て。

「恋」はパンクロックと同じ、「衝動」であり長続きはしない。


つまりは「過程」である、と。


「愛」はロックと同じ人それぞれの「生き方」であり、それこそが「人生」なのだ!


と、今さらながら、思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷見のバイ貝

氷見のバイ貝
でかいでしょ。


15センチあるよ!


まだ生きてるし!


コリコリの歯ごたえ!


寒くなるこれから先、富山県氷見市の魚はますますおいしくなるよ。


あ〜、氷見ブリ、待ち遠しいな。


乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »