« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

寒ブリと地酒と私

寒ブリと地酒と私
ご予約のコース料理の先付け「梵天盛り」。


一人に一皿提供する。

野菜と豆富と魚が美味い店…


酒もここまでこだわりゃ言う事ないっしょ。


今、氷見ブリが安定して入荷しています。


季節の日本酒7種類入荷しました。
1杯ずつ呑むには酔ってしまうわ…というあなたにはもってこいの店長の優しさ「テイスティング」もできます。


おちょこに少しずつプレートに乗って、3品700円、5品1000円。


これでお好みのお酒に出会える事でしょう。

この美味しい時期をお見逃しなく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

道
弟のタカシ。

地元長崎で長距離トラックの運転手してる。

オヤジの血を受け継いだ。


オヤジはいわゆる団塊の世代ってやつで、ブンタさんのトラック野郎に憧れ、デコトラで長距離やってた。


団塊ってったって金は持って無い。


生きていく上で必要な分しかもらってない。

土地も権利も名誉もない。


ちっぽけな俺のオヤジのヒストリーなど誰も興味ないだろうし俺が今ここに居る事に対しなんの因果もないし特にオヤジがどうしてトラックに乗っていたのかなどとそういう話は誰にもしてない。


ちっぽけなオヤジにはレールが敷かれてた。


だけどそのレールを歩まず、オヤジは初めて自分のやりたい道を選んだ。


一休和尚の言葉。


―――――――――
「道」


この道を行けば
どうなるものか


危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし


踏み出せば
その一足が道となり
その一足が道となる


迷わず行けよ
行けばわかるさ


―――――――――
オヤジは特に誰かを助けたり命を救ったり世のため人のために生きた訳でもない。


かと言って人を傷つけた訳でもない。


ただ、ここまで俺たち兄弟3人を育ててくれた。


ただ、それだけのオヤジだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

無いものは無いし

入らないものは入らない。

これ以上の背伸びも出来なきゃ、それで満足するか否か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ

書こうと思って、またやめた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春四番

春四番
春一番の風が吹き、冬の間眠っていた草花や冬眠してた動物たちがそれによって春の到来を知ると言う。


風は春一番から始まり、春四番まで続くのだそうだ。


その合間に雪も積もれば波風も立つ。


そうこう繰り返しようやく春が来る…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

着地

飛び立ったら着地しなければならない。


抜いた刀はサヤに戻さなければならない。


吐いたツバは飲まなきゃならない。


言った以上はイモ引けない。


責任を取らねばならぬ。


あのさ…大事な事だよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内需拡大

内需拡大
我々が店で炊いて出している自慢の米「空米(くうべえ)」。


そろそろ底を尽きます。


農民カフェが軌道にのって半年が過ぎ、もはや空田2反では賄いきれない米の消費量になりました。


ならば増やすしかない!


が、先日の和気優ブログ「ある晴れた空の下」にも書かれているように現在空田がある流山では規模を拡大させるには限界がある。


ならば、新天地、という事で益子なのだ。


とにかく、紹介された場所は非の打ちようがないくらい最高のシチュエーションである。


詳しくは和気優ブログ「ある晴れた空の下」を参照していただき、、、


俺は、


高速道路のサービスエリアに、なんで空港にあるような喫煙所が特設されてんのか!?が不思議だった…


室内ならともかく、屋外に…


意味あんのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝

感謝
今日は60名ほどの動員集客があった。


有り難い事だ。


20歳の頃、組んでたバンドで月に1回のライヴで30人集めるのに必死こいてた事を思うと、毎日30人動員集客する事がどれだけ大変な事か!?


ましてやその来ていただいたお客さんたちに全て満足頂けるパフォーマンスが出来ているのか!?


俺たちは毎日営業をしている。


時に、お客さんは月に1度、もしくは何か特別な日にわざわざチベットチベットを選んで来てくれているのかもしれない…


そう思うと、毎日気が抜けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新作

新作
チベットの蒸し餃子「チベットMOMO」チラ見。


では後ほど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立春

立春
立春
昨日、営業前にスタッフ全員で豆をまき、頂き物の恵方巻きを食べ、今日の立春を迎えました。


ハハ、俺今年本厄だ。

まさか豆まきや恵方巻きで厄が落とせるとは思ってないが。


改めて豆まきの由来を調べてみた。


鬼(邪気)を追い払う…か…

では鬼(邪気)とはなんだろう。


鬼→隠(おぬ)
…目に見えぬ恐ろしい存在または邪気。


元々神も鬼も目に見えぬ存在だとすると、人間の中には両方が存在し得る。


差し詰め、本来持つ神を取り戻すべく、豆をまくとするのか。


ある寺では、「福は外、鬼は内」、
「福は内、鬼も内」
と掛け声する所もあるそうだ。


時に必要悪も、ある、か…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯けむり涅槃ツアー

湯けむり涅槃ツアー
湯けむり涅槃ツアー
湯けむり涅槃ツアー
湯けむり涅槃ツアー
湯けむり涅槃ツアー
見よ!!


我らのこの雄姿を!!



本日無事に帰って来て、そのまま営業いたしました。よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボビン

ボビン
素晴らしいボビンのライヴ、終わりました。


目を閉じればヒマラヤの壮大な頂きと草原が広がり、ああ、なんて世界などは狭く何処へでも行ける、がしかし地球はこんなにも広々と偉大なのだ、と思わせる幻想的なライヴでした。


打って変わって明日は(このあと)我らが会社ワールドワイドコネクションの慰安旅行であります。


ギンギンキメキメの奥日光湯けむりスキーツアーです。


日光行きのロマンスカー「けごん号」に乗った瞬間からプシュが始まります(缶ビール空ける音)。


乞うご期待!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »