« 無いものは無いし | トップページ | 寒ブリと地酒と私 »

道
弟のタカシ。

地元長崎で長距離トラックの運転手してる。

オヤジの血を受け継いだ。


オヤジはいわゆる団塊の世代ってやつで、ブンタさんのトラック野郎に憧れ、デコトラで長距離やってた。


団塊ってったって金は持って無い。


生きていく上で必要な分しかもらってない。

土地も権利も名誉もない。


ちっぽけな俺のオヤジのヒストリーなど誰も興味ないだろうし俺が今ここに居る事に対しなんの因果もないし特にオヤジがどうしてトラックに乗っていたのかなどとそういう話は誰にもしてない。


ちっぽけなオヤジにはレールが敷かれてた。


だけどそのレールを歩まず、オヤジは初めて自分のやりたい道を選んだ。


一休和尚の言葉。


―――――――――
「道」


この道を行けば
どうなるものか


危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし


踏み出せば
その一足が道となり
その一足が道となる


迷わず行けよ
行けばわかるさ


―――――――――
オヤジは特に誰かを助けたり命を救ったり世のため人のために生きた訳でもない。


かと言って人を傷つけた訳でもない。


ただ、ここまで俺たち兄弟3人を育ててくれた。


ただ、それだけのオヤジだ。


|

« 無いものは無いし | トップページ | 寒ブリと地酒と私 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1011626/33524581

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 無いものは無いし | トップページ | 寒ブリと地酒と私 »