« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

ただいま見参

ただいま見参
正確には
ただいま剣山。

先ほど、東北から下北沢チベットチベットへ帰って来た。

昨日の中村第2中学での和気優ライヴで生徒から頂いた花を活けた。


福島で放棄された田んぼのあちこちに、セシウムを吸収してくれるというヒマワリが植えられていたのが印象的だった。

まだ花は咲かせていない。

差し詰め希望の花という事だ。

被災者はあれもこれもやる事だらけ。

なにから手をつけていけばいいのか、4ヶ月経った今も未だにもがいている。

やれる事から少しずつ。

俺たちは東京で頑張る。

東京が頑張ってる事が被災地の願いだった。

少しずつ、現地で聞いてきた当事者の本音を話そう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7/19宮城県山元町

7/19宮城県山元町
ボス和気優の少年院弾き叫びツアー&東北被災地慰問に同行して2日目。

今日は福島県の北部相馬市中村第2中学と宮城県山元町の避難所での和気優ライヴ。

夜はボスの叔父に夕食までごちそうになり、大変お世話になりました。

2日間とも被災地の方々に逆にお世話になってしまった。

被災者のテレビでは聞けない現状の叫びを聞けて、本当に涙した2日間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/18福島県相馬市バーSHOUT

7/18福島県相馬市バーSHOUT
大変お世話になりました!

志田けんじさん!


和気優ライヴ最高でした!

| | コメント (2) | トラックバック (0)


福島インターでボスと合流。

南相馬市に向かってます。

ところどころ、放棄された田んぼや畑が目立つ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

唄うたいの宴vol.3

唄うたいの宴vol.3
チベットチベットでの彩連プロデュースのライヴイベント「唄うたいの宴」。


昨日で3回目、2ヶ月に一度の日曜日のナイトライヴだ。


毎回スキルが上がって、昨日は動員も記録をのばし、幅広い客層で、ミュージシャンもチベットチベットもやりがいある内容だった。

ポテンシャル高い仲間が集えて、メッセージをする場所、チベットチベット。

今年11年目。

毎日、手応えを感じながら生きている。


少年院弾き叫びツアー&東北復興支援中の我らがボス和気優に落ち合うため、今東北道を北上している。

山を越えたら、

また、あらたな仲間たちに

出会うだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年梅干し

2011年梅干し
2011年梅干し
出来ました!


梅生産者、小川ジョーくんの協力を得て、今年の梅干し90キロ出来ました!


しょっぱくて、うめーぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅立ちのボス

旅立ちのボス
この夏、東北支援&少年院弾き叫びツアーに先駆け、チベットチベットでライヴを済まし、ツアーに持参する新曲のCD「青空とカレーライス」をチベットチベットにてレコーディング。


15日からの出発。


俺も18日には合流する。

いってらっしゃい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エナジー補充

エナジー補充
レッドブルのキャンペーンガールのお姉ちゃんが店に入って来て、くれた。なう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草むしり最終編

草むしり最終編
来週11日(月)我らが田んぼ空田の
草むしり作業に行きます。

もちろん俺も行きます。


参加者、募ります。


この作業を見届け、和気優は東北復興支援&少年院弾き叫びツアーに出発します。帰ってくるまでのまかされる最後の草むしり。

参加者募集します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いただいた華々はちゃんと活けていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動の10周年

感動の10周年
すばらしいイベントでした。

集まっていただいた方も、来れなかった方も、本当にありがとう!

我が会社の進むべき道筋をしっかりとボスが示してくれた。

皆さん、これからも我々とお付き合いよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10周年始まる

10周年始まる
ミンピのライヴランチを皮きりに今日の10周年イベントの1日が始まった。

始まりの朝を今

| | コメント (2) | トラックバック (0)

糟糠の妻

糟糠の妻
10年間共に歩んだ書いて字の如く、チベットチベットのぬか床。

一夜にして人の手を要せず栄養をプラスし、香りと旨味をたっぷり野菜につけてくれる。


糟糠の妻だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »